職場ストレスと自分の限界を知ることが大切。【メンタルヘルスマネジメント】

会社員
会社員

職場でストレスを感じている、と言うと「それは甘えだ!」と言われます。

どこまで頑張ればいいのか、余計に不安になっています。

管理人
管理人

根性論が根付いている場合、こういったお悩みをお持ちの方が多くいます。

ストレスの限界は個々人によって違います。

また、ストレス耐性や心の強さは育てる事ができます。

まずは、仕事とストレスの限界についてみていきましょう。

仕事でのストレスの限界を知ることが大切

職場では、強いストレスを受けながら、日常の作業をこなしていることはよくあります。

苦手な人と仕事をこなさなければならなかったり、指導者から常に叱責され続けたり、自分の能力ではやりきれない仕事を任されたりします。

同じ仕事をしていても、ストレスを感じる人と感じない人といますし、少しのストレスですぐに体調を崩してしまう人などもいます。

この違いは何なのでしょうか?

育った環境や、個人の性格、物事の捉え方など様々な解釈があります。

ストレス環境で大切なこと

ストレスを感じることがやむをえないならば、自分はどのくらいまでのストレスに耐えられるかを把握しておくことです。

多大なストレスを受けきれずにいると、体の具合が悪くなったり、メンタルの病になってしまうことがあります。

多くの人は、ストレスを抱えきれなくなると体調や思考に変化が現れますので、早いうちに気づけるようにしましょう。

もうだめだというところまでストレスを貯め込みながら、対策を立てずに我慢を続けていると、こらえきれなくなって、反動が来てしまうでしょう。

その上、ストレスのせいで身体トラブルが起きたとしても、ストレスのせいだと気づけないこともあり、そうなるとストレス源対策もできず、休むことしかできない場合もあります。

ストレスが体にもたらす反応とは?

本当はストレスのせいなのに、吐き気やめまい、疲れがとれない、意欲が出ないといった症状自体は、身体的な不調であり休んでいれば治ると判断されがちです。

ストレスが体調に影響している場合、内科などにかかっても検査結果で異常がないことが多くあります。

検査結果で異常がないのに、身体に症状が出ていることを訴えるのは、とても大変です。

嘘つき扱いされたり、仮病を使って仕事をさぼっているという評価をされてしまう危険もあります。

自分はどこまでのストレスに耐えられるかを知っておくことや、ストレスがかかりすぎる事態は極力避けるようにすることが重要です。

まとめ

どんなに仕事や家庭のことを頑張りたくても、資本となる心と体の状態が万全でなければ、やりたいことができなくなってしまいます。

ぎりぎりまで我慢して、最後の最後に破裂するようなストレスの貯め方をしていると、自分にも周りにもよくありません。

特にうつ病やパニック障害など、心の病気は一度発症すると、完治するのにとても時間がかかります。

やっと治ったと思っても、ストレス負荷が上がった瞬間に再発することもあります。

心の病気になる前に、自分の身体が異常をきたしているサインを見過ごさないようにすることが大切です。

メンタルヘルスマネジメント3種では、ご自身のストレス管理をする「セルフケア」の方法を紹介しています。

資格を取得することで、ご自身のメンタル対策ができているアピールにもなるでしょう。

→通信講座はキャリアカレッジが取り扱っています。

※割引クーポン「 ambF61vU 」←ここをコピーして申し込み画面でCPコードに入力!

メンタルヘルスマネジメント試験は大阪商工会議所が主催しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました